夏と冬の北海道旅行記、更新中です!

加湿機のヌメリ防止に銀イオンカートリッジ試してみたら最高だった

我が家では、冬場の乾燥対策としてシャープの加湿空気清浄機を使っております。

加湿空気清浄機を使っていて困るのは、タンクから出た水が溜まる水トレー部分のぬめりのある汚れ。

今回、シャープの加湿空気清浄機専用の「Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1」を使ったら、ぬめり汚れが劇的に減ったので紹介させてください。

Ag+イオンカートリッジのスペックと使用方法

Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1のスペック

これがAg+イオンカートリッジFZ-AG01K1の外箱です。

加湿空気清浄機のタンクキャップの内側に取り付けて使うものなので、かなりコンパクトな箱に入っています。

箱に書いてある仕様としては、Ag+イオンの力で以下のような能力があるようです。

加湿空気清浄機のタンクからトレイまで清潔に保つ

ヌメリやニオイの原因を抑える

約1年に1回の交換※でキレイが続く

※1日平均約2.5Lの水を使用した場合(総使用量900Lが交換の目安です)。水質、使用環境によっては交換時期が早くなることがあります。

なお、対応機種はかなりの機種があり、うちで使っている10年近く前のKC-Z45Wという加湿空気清浄機でも使用することができました。

この機種が発売されたときにはAg+イオンカートリッジFZ-AG01K1は発売されていなかったと思うんですが、前もって取り付けられるように設計されていたみたいですね。

とはいえ、対応していない機種もあるかもしれないので、発売ページで自分の使っている機種が載っているかは確認が必要かと思います。

Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1の使い方

Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1の使用方法は非常に簡単です。

タンクを本体から取り外し、タンクキャップを外します。

外したタンクキャップの裏側を見ると、中央のゴム栓の周りに小さなねじ穴があるので、Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1をねじ込みます。

完成です。

これで、カートリッジ内部に入っている樹脂からAg+イオンがタンク中の水に放出され、タンク内と加湿器の水トレーを清潔に保ってくれるというわけですね。

Ag+イオンカートリッジFZ-AG01K1を使ってみた感想

感想としては、めちゃくちゃおすすめです!

シャープの加湿空気清浄機を使っている人は絶対に取り付けたほうが良いものだと思いますね。

以前だったらすぐにピンク色のヌメリがある汚れが付着して、掃除するのも形状が複雑で面倒臭いなあと思っていた本体側のトレーですが、カートリッジを取り付けると汚れがかなり付きづらくなります。

本当は定期的にメンテしないといけないと思うんですが、私は面倒であまりやらないのでいつも汚れがかなり溜まってから掃除してました。

カートリッジを付けてからは汚れがなかなか溜まらないだけでなく、汚れがついても以前よりも薄い層でしかピンクの膜が形成されないようになり、掃除も楽です。

調べてみると、今発売されている加湿空気清浄機「KC-L50-W」なのでは標準付属になっているみたいですね。

私のように、標準でこのカートリッジが付属していなかったシャープの加湿空気清浄機をお使いの方は絶対に取り付けましょう。

そして、浄水器なんかもそうですが、こういう製品は消耗品だと思っているので、交換時期を守って定期的に交換していこうと思います。

値段も700円~900円程度と安価ですし、その値段でこれだけの恩恵を生み出してくれるのなら満足です。

少し古いシャープの加湿空気清浄機の水トレーの汚れに困っている方、おすすめですよ!

タイトルとURLをコピーしました