夏と冬の北海道旅行記、更新中です!

iPadを持ち運べる大容量ボディバッグをクラファンで注文した

今年初めからiPadを使用しているですが、一度iPadの大画面に慣れてしまうと小さいスマホ(とはいっても5.8インチはある)でいちいちポチポチやるのが面倒で!

もうPCの無い場所ではiPadしか使いたくないくらい気に入ってるんですが、一つ大きな弱点があるですよね。

何なのかというと、

iPadが大きくて普段使っているボディバッグに入らない!

というボディバッグ派の方なら結構共感してくれるであろうiPadのサイズ問題です。

大きいゆえに使いやすい、大きいゆえに持ち運べない、この「大きい」というメリットかつデメリットを解消して、iPadを気軽に持ち運ぶにはボディバッグを変えるしかないんです。

先日GoogleNewsを見ていて偶然発見したこの記事↓

12.9インチiPad Proだけじゃなく、MacBookも入るボディバッグだって!?

と驚いてすぐにクラウドファンディングで注文しちゃいました。

クラウドファンディングのページはこちら

一応ね、Amazonとかで調べるとiPadも入るボディバッグって他にもあるにはあるんです。

ただし、そういった物って大体怪しい中華製品で変なロゴが入っていたり、反射材が使われていたり、バッグ素材が何種類か組み合わされた作りだったり、正直気に入るデザインのものが全くなかったんです。

バッグって普段持ち歩くものですからね、いくら機能面が良くても気に入ったデザインの物以外は絶対持ちたくないですよね!

その点、上の記事で紹介されていたボディバッグはシンプルなデザインで変なロゴも入ってない、その上iPadも入る大容量と一目見て気に入っちゃいました。

収納力が大きいと、バッグ自体のサイズも大きくなりがちですが、このボディバッグはベルトでコンパクトサイズにもサイズを調整できるのが良いですね。

ただ懸念点としては、ベルトにクッション性が無さそうという点です。

私が普段使っているボディバッグはこのように↓

肩~胸に当たる部分のベルトは分厚いクッション素材になっています。

普段持ち歩く財布や携帯、モバイルバッテリーなんかを入れただけでもカバンって結構な重さになりますからね。

ショルダーバッグなんかもクッション性の無いベルトの物が多いですが、1日掛けていると結構肩が痛くなるでしょ?

先ほど紹介したボディバッグではさらにはiPadやもしかしたらペットボトルなんかも入れるわけです。

なので、ベルトにクッション性が無いのはちょっと不安ではあります。

まあ使ってみて気になるようだったら、こういった肩掛けベルト用のクッションが売っていますから、肩に当たる部分に取り付ければいいかなと思っています。

クラファンで注文(支援)したので、届くのは4月下旬とまだ先ですが楽しみに待って居ようと思います!

あ、そういえば初めてのクラファンでしたが思いのほかあっさり支援できてしまったのは驚きでしたね(笑)

タイトルとURLをコピーしました