夏と冬の北海道旅行記、更新中です!

一人暮らしのキッチンにメタルラックで工事不要食洗機を設置してみた

先日購入したアイリスオーヤマの工事不要・タンク式の食器洗い乾燥機ISHT-5000が届いたので早速キッチンに設置しました。

ちなみに、今回は楽天市場で購入したんですが、価格が30000円程度で、各種キャンペーンを利用してポイントが5000ポイントくらいついたので、実質25000円くらいで購入することができました。

到着〜開封、とりあえず、キッチンの調理スペースに置いてみる

で、箱から本体を出して、排水ホースを取り付けたり保護材を外したんでとりあえずキッチンの調理スペースに置いてみました

ギリギリ載っているように見えますが、実際は後ろ側がシンクに思いっきりはみ出してます。

これだと安定しないし、調理スペースも全く使えないので、この前考えた設置法を試していきます。

メタルラックでシンクを跨ぐ食洗機台を製作

なかなか良い感じの食洗機台ができたんじゃないでしょうか!

シンクを跨ぎ、片側の脚を床に設置することで、冷蔵庫〜シンク間の空間を有効に活用してスペースを確保できたかと思います。

以前考えた設置方法で食洗機を設置するために、アイリスオーヤマの通販で以下のメタルラックのパーツを購入しました。

棚板

今回は食洗機の底のサイズギリギリの幅55㎝×奥行35㎝の棚板を使用しましたが、実際に食洗機を設置すると底面がちょっとはみ出てしまい、食洗機のゴム脚が棚板に乗り切らないのでスペースに余裕があれば、もう1サイズ奥行きが大きい幅55cm×奥行40cmの棚板にできたのになと思いした。

シンク側の足

シンク側の足は、高さ15cmの足を使用しました。

シンクから棚板までの高さを確保することで、シンクの使える領域を広げる為と、食洗機の扉を開けた際に水栓のレバーに干渉しないようにするためです。

床側の足

床側の足には100cmのポールを使用しました。

これは、シンク側の高さがシンク85cm+足15cmでちょうど100cmになるためです。

どの足にも微妙な高さ調整の用のアジャスターがついているので、ぴったり高さを合わせて設置できました。

床側の足のサイドバー

床側の足は高さが100cmとそれなりに高いのと、上に食洗機という重量物が乗るため、横揺れや足の位置がずれるのを防ぐ強度アップを目的に、サイドバーを渡しておきました。

棚板用クリアシート

棚板の上に敷くシートも購入しておきました。

食洗機の設置を安定させるためと、シンクから跳ねてきた水が食洗機裏側に付着することを防止するためです。

自作の食洗機台にISHT-5000を置いてみた感想

実際にメタルラックの上に食洗機を設置してみました。

食洗機は扉をシンク側に向けました。

廊下側に向いている方が、シンクで予洗いした食器を入れやすいんですが、運転終了後に扉を開いて食器を乾燥させている時に扉が廊下を塞いで邪魔だったんで。

シンク側の脚には15センチポールを使って高さをつけているので、シンクの利用スペースもしっかり確保しつつ、ギリギリのスペースに食洗機を置けています。

シンク側の脚に15センチポールを使ったので、扉を開いてもギリギリ水栓にぶつからずに済みました。

これ、買ってから思ったんですが、食洗機を買うときは扉の開閉スペースも確保できるか確認しといたほうが良いですね。

今回は奇跡的に大丈夫でしたが、水栓がシンクの中央にあったり、もう少し高さのあるものだったら水栓のレバーが食洗機本体・扉に干渉してまともに使えなかった可能性もあります。

メタルラックの全てのポールの下には、メタルラックの動き防止と食洗機の振動低減の為に100均に売ってる耐震シートを設置しました。

これがないと、食洗機の扉を開閉しただけでメタルラックが動いてしまうので、あったほうが良いです。

奥行35センチの棚板だと、食洗機の脚がギリギリはみ出してしまいました。

置けるには置けるけど、ギリギリと言った感じです。

なので、食洗機の4隅のゴム脚の下にはホームセンターで買ってきたこのような防振ゴムをサイズを合わせて置いてあります。

結構硬いゴムで、本来はエアコンの室外機の下とかに置いて使うかなり丈夫なものなので、一応食洗機もしっかり支えられました。

排水ホースは、結束バンドを使ってメタルラックに固定し、シンクに伸ばしています。

メタルラックって結束バンドと相性良いですよね。

あとは、食洗機の電源ケーブルをコンセントに刺して、アースを接続して設置完了です!

水を扱う電化製品なので、アースは必須!

ちなみに、我が家ではシンク周りにコンセントが2口あるんですが、それに対して使う電化製品はオーブンレンジ、冷蔵庫、オーブントースター、食洗機の4つ。

冷蔵庫は小型で消費電力が低いものなので気にしなくても良いですが、他の機器同士は同時使用しないように気をつけて運用する必要がありそうです。

ISHT-5000の最大消費電力は「512W(50Hz)/526W(60Hz)」ですが、オーブンレンジ・オーブントースターと同時使用すると1500W以上にいっちゃう可能性ありますからね。

安全に使う為、電気周りのことはちゃんと調べておきましょう。

一人暮らしのキッチンに食洗機を置いてみた まとめ

食洗機は届いた時に大きさに圧倒されましたが、メタルラックを組み合わせてシンク〜冷蔵庫間のスペースを有効活用することでうまく置けました。

シンクの利用スペースも確保されているし、とりあえずメタルラックの安定性も問題無さそうで一安心です。

私の家のようなサイズのキッチンで食洗機を置こうと考えている方は少ないと思いますが、メタルラックを使えば意外と置けちゃいますね。

メタルラックは各種パーツを組み合わせて、スペースにあった家具を作ることができるので、食洗機に限らずスペースを有効活用したい時にぴったりです!

タイトルとURLをコピーしました