ガレリアPCシリーズ更新中

通信制大学卒業生が転職面接でよく聞かれること

私は昨年3月に通信制大学を卒業してから、転職活動をしています。

社会人として働きながらも通信制大学を卒業したことで、転職活動においては「学歴要件・大卒」の求人にも応募できるといったメリットがあります。

また、働きながら勉強して通信制大学を卒業した、という経験は社会において珍しい方だと思うので、話のネタにはなりますね。

社会人とした働きながら勉強してきたということは、うまく返答すれば転職面接においてもメリットとしてアピールできると思います。

というわけで、社会人・通信制大学卒業生が転職活動をすると、面接でどういったことを聞かれがちか?というのを紹介しようと思います。

通信制大学卒業生が転職面接でよく聞かれること

通信制大学卒業生が転職面接で聞かれがちな質問をいくつか紹介します。

こういった質問に、私はどう対応しているか、というのも書ける部分は書いていきます。

「何故、通信制大学に行こうと思ったのか?」

まず1つ目、既に職を持ち働いているのに、何故通信制大学で勉強しようと思ったか、という質問です。

基本的に、今の仕事や今までの経歴とのバックグランドまで含めて聞かれているようでした。

普通に考えて、働きながら大学で勉強するって大変なことです。

何故そんな大変な思いをしてまで通信制大学で勉強しようと思ったのかということを、自分の今までのバックグラウンドを絡めて対応するといいと思います。

なお、私はシンプルに「大卒」の学歴が欲しかっただけの理由で通い始めたのですが、さすがに面接でそういう訳にはいかず、今の仕事に絡めて教養を得るためといった理由を答えてました。

「何故、高校卒業時に大学に行かなかったのか?」

なんで初対面の面接者にこんなことまで言わないといけないのか、といつも思っていました(笑)

ストレートで大学に行くか行かないかの選択は高校時代にするものですよね。

高校時代というのは18歳でまだまだ社会を知らない半分子供・半分大人の人間ですし、また家の事情など様々な要因で「大学に行く・行かない」の選択をしていると思います。

その時の自分の選択が合理的であったのならそれで良いし、そうでなくても「こういった理由で大学に行かないことを選択したが、その結果こういった学びを得て、今通信制大学に行った」ということを話すしか無いのかなと思いました。

この質問、自分の過去を否定されているようで正直めちゃくちゃ嫌いなんですが、自分の過去を自分自身が卑下する必要は無いと思います。

人間は経験したことしか分からないのだから、「ストレートで大学に行った人とは違う経験ができました、でも今は大卒になったんだから関係なくない??あなたは社会人やりながら勉強して大卒とれますか??」というスタンスで臨んでいます。

「何故、この大学・学部・学科を選んだのか」

この辺は新卒の採用面接とさして変わらない質問だと思います。

ただ、大学・学部・学科を選ぶ時点で既に働いているということを考えると、今の仕事に活かせるといったことや、今後自分がやりたいことの約に立つといった軸でこの学校を選んだ、ということを言えると良いのかなと思いました。

自分が通信制大学に行った理由は大卒の資格の為だけという話はしましたが、そのためには卒業できないと意味がありません。

なので、卒業率が高い大学、勉強しやすそうなカリキュラムの学部・学科を選んだだけです。

そうなるとこの質問には困るのか?と言われるとそうでもありませんでした。

大学で学ぶ内容は多岐に渡っているので、今の仕事や将来やりたいことに全く関連しないということはそうそうないですからね。

「大学ではどのようなことを学んだか」

上の質問と関連して聞かれがちです。

自分の学んだ学部で学ぶ内容の概要はきちんと抑えておくのと、それ以外では「働きながら勉強する」「スクーリングで多職種・他年代の人達と交流した」という通信制大学独自の勉強スタイルから学んだことも言えると、独自性が出るかなと思いました。

「勉強したことで、今の仕事or弊社で役立てられることは何か」

そもそも、大学で学んだことを仕事に活かせている人がどれほどいるかは疑問ですが、これもよく聞かれますね。

通信制大学で学んだ内容が今の仕事や面接を受けてる会社に関連している人(医療系・会計系など)の場合は簡単に答えられると思います。

私の場合は今の仕事とも面接先の仕事とも基本的には関係しない学部でしたが、経営系の基本的なカリキュラムを勉強したので、直接は関係しないけど、マネジメントやビジネススキルといった面で活かせるという内容で答えてました。

「どのように勉強と仕事を両立させていたのか」

仕事をしつつ勉強するにあたり、どのように勉強のための時間を確保していたか、どのように勉強方で進めて来たかということを答えていました。

大人になってからの勉強って進められない人が多数だと思うんですよ。

なので、具体的な勉強方だけでなく、「モチベーションの維持」という点でも答えてましたね。

通信制大学卒業生が転職面接でよく聞かれること・まとめ

以上が転職活動中の私がよくされる「通信制大学卒業の転職者への質問」です。

なぜ社会人になってから勉強を始めたのか、通信制大学でどのような勉強をして、それをどのように活かしていけるのかという点は本当によく聞かれるポイントです。

社会人になってから通信制大学で勉強する人って少数派だと思います。

ですから、人は違う「働きながら大卒になった」という経験を上手くアピールできるといいですね。

大学で学んだ内容や学部・学科のカリキュラムなんて多岐に渡るんだから、いくらでも今の仕事や面接先の会社の仕事に関連付けて話せると思います。

いかに相手を納得させられる関連付け方をするかが重要です。

私は今働いているのとは違う職種への転職を考えているので、未だに転職成功していませんが^^;、現在と同職種への転職の方でしたら、通信制大学で大卒を取ったことで面接時にアピールできる内容も増えて有利だと思います。

そうじゃなくても、「大人になってから系統立てて勉強し大卒をとった」ということは基本期にはマイナスにとられることは無いと思うので、しっかり面接対策をして共に頑張って行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました