夏と冬の北海道旅行記、更新中です!

朝食の牛乳を豆乳に変えてからお腹の調子が良い

朝ごはんはいつもフルーツグラノーラを食べています。

準備が楽、簡単にカロリー・栄養がとれる、食べるのが速いと3拍子揃っていて、腹持ちはご飯に比べると悪いものの忙しい朝にはぴったりの食事です。

フルーツグラノーラってそのままでもまあ美味しく食べられるんですが、牛乳やヨーグルトなどをかけて食べるのが一般的ですよね。

もちろん栄養バランス的な意味でもかけた方が良いんでしょうが、液体の物をかけることによって素早く食べられるという点も、フルーツグラノーラに牛乳・ヨーグルトをかける利点です。

単純に美味しいしね。

ですが!そこで一つ問題が

「牛乳・ヨーグルトを食べるとお腹の調子が悪くなる」

これは牛乳に含まれれる「乳糖」によって起ることで、なりやすい方って結構いると思います。

でもフルーツグラノーラには牛乳をかけたい…そんな悩ましい状況で、お腹が痛くなりながらも毎日食べていました。

しかしながら、最近友人の家に行った際に気づいたことがあります。

友人もフルーツグラノーラを朝食べるんですが、彼女がかけていたのはなんと豆乳でした!

そこで私もフルーツグラノーラin豆乳で食べてみたんですが、これが思った以上に美味しい。

調べてみると、よくスーパーで売られている豆乳のなかでも「調製豆乳」というのは大豆の青臭さを抑えて飲みやすくするために砂糖や米油が加えられているんですね。

今まで豆乳飲んだことがほとんど無く先入観で飲まずにいたんですが、考えが改まりました。

もちろん、大豆を原料としてるので牛乳に含まれているお腹が痛くなる原因の「乳糖」も含まれていません。

牛乳から豆乳に切り替えて1週間くらい経ちましたが、以前よりもお腹を壊す確率は確実に減ってきました。

朝通勤中にお腹が痛くなると最悪ですからね、慌てて駅やコンビニのトイレに駆け込む心配は少しでも減らしていきたいです。

もちろん栄養素的には牛乳と豆乳では全く違うので、完璧な代替品とはなり得ないですが、朝食にフルーツグラノーラにかけて食べるという私の用途にはばっちりはまりました。

ちなみに、豆乳は豆乳で様々な体に良い栄養素が含まれていて人気なんですね。

フルーツグラノーラに何かかけたいけど、牛乳だとお腹を痛くしがち…という方は豆乳、試してみてはいかがでしょうか。

…その数日後、シチューが食べたくなって調子にのって2皿も食べたらばっちりお腹を壊しました(^^;

タイトルとURLをコピーしました