夏と冬の北海道旅行記、更新中です!

ブログなんて自由に書いていいんだ

昔から雑記ブログだったり趣味のテーマ(当時は熱帯魚)に関するブログを作っては更新が続かないなんていことがよくありました。

なんでそんなことになってきたんだろう?って考えてみると、「このブログ、文章で稼ごう」、「この記事で有益な情報をシェアしよう」なんてことばっかり考えていたから、記事をひとつ書くための精神的、時間的、労力的コストがめちゃくちゃかかって面倒になってしまうんですよね。

ブログを始める目的って人それぞれだと思いますが、私の原点は少なくとも昨今話題になるような収益性を求めているものではありませんでした。

昔見ていたテキストサイトは長い文章と少ない写真でページのデザインも凝ったものではなかったと思いますが、当時は時間を忘れて舐めるように読み尽くしていたもの。そんな「自分を発信できるウェブサイト」に憧れていましたが、ホームページ作成の知識・技術面から断念したものです。

そこで新たに誕生した誰でも簡単に作れて自分を発信できるのが媒体がブログです。自分が何故ブログを持ちたいか思った原点に立ち返ると「かつて見てきたテキストサイトのような読ませる文章で自分を発信したい」ということ、そこに立ち返れば自由に文章を作って発信していればそれでいいじゃないか。

私みたいに、ただ自分の考えをまとめて文章に発信するだけで楽しい人種って絶対いると思うんですよ!

そんな人たちまでもが収益の枷に囚われて、かつてのテキストサイトのような読ませる文章がネットから無くなっていってしまうのは悲しいものがあります。

今Googleで何かWordを検索すると、最終的にはなんらかのサービスや商品をベタ褒めでおすすめするだけの記事ばっかり出てきますよね。

いざ収益の為にクリック型の広告の審査を通そうとしたり、アフィリエイトで儲けていこうと考え始めると、書ける記事の幅であったり自分の持ち味が出るはずの文章も書けずに量産型の記事ばかりになってしまう…(少なくとも私はそうだった)

そんな風にブログに疲れて書くことを諦めてしまう人や、これからブログを始めたいって人は収益とか有益な内容とか一旦忘れて、自分の書きたいように書いてみよう。もしかしたらそれが誰かにとっては有益な情報かもしれないし。

公序良俗に則ることは大前提ですが、文字数や内容なんて気にせず自由に書いて発信してればそれでいいんじゃないでしょうか。

それでたまに自分のサイトのAmazonリンクから商品が売れてちょっと収入があれば嬉しいなーくらいがブログを続かせる秘訣だと最近感じました。

タイトルとURLをコピーしました